忍者ブログ
とあるヲタ社会人がbeatmaniaIIDXの動画を晒したり、ドラゴンズの勝敗に一喜一憂したり、ゲームネタを語ったりと、なんともまあ節操のないブログ
[580] [579] [578] [577] [576] [575] [574] [573] [572] [571] [570]
ついったー
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
緋彗@HI-LAW



jubeat knitもちらほらと。
Access Counter
最新コメント
(05/15)
(01/08)
(01/07)
(01/05)
(08/15)
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私が出張中のときに発売されました「P2!」6巻と7巻。
これをもちまして、完全にこの物語は幕を下ろしました。

江尻先生、一年半お疲れ様でした。

 
 
さて、内容の方はというと、言わずもかなVS秀鳳で占められるわけですが。
本誌掲載時のシングルス2戦+ダブルス戦と、赤マルジャンプの完結編はすでにわかりきった内容。
と、なるとファンとしてはその間をつなぐような書き下ろしエピソードを期待していたわけで――――。
 
 
 
 
 
 
なかった。 orz


結局、書下ろしとしてあったのは。

・人気投票結果
・エリスが乙女を『お姉さま☆』と呼ぶにいたった経緯w

の2本。

うぅ~。
お嬢の露出狂っぷりを堪能できた事に関しては作者GJ!と諸手をあげて賞賛したいが
正直、不完全燃焼っすよ!!!
やっぱり主人公の見せ場が欲しかった!

返す返すも、未解消に終わってしまった伏線が惜しい作品です。

ヒロムの覚醒。
眞白のサイドワインダーの先にあるもの。
川末の復活に至る道のり。
王華との再戦(特に柊冬悟の活躍っぷりを見たかったw)
あと、アキラの試合も見てみたかったなぁ。

 
何かの拍子に、続きが読めたとしたら。
でも、それは叶わぬ夢なのでしょう。
この作品に出会えたことに感謝をして、今日の日記を締めたいと思います。


 
追記
 ……意外と(?)人気あったのね主人公w
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]