忍者ブログ
とあるヲタ社会人がbeatmaniaIIDXの動画を晒したり、ドラゴンズの勝敗に一喜一憂したり、ゲームネタを語ったりと、なんともまあ節操のないブログ
[1112] [1111] [1110] [1109] [1108] [1107] [1106] [1105] [1104] [1103] [1102]
ついったー
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
緋彗@HI-LAW



jubeat knitもちらほらと。
Access Counter
最新コメント
(05/15)
(01/08)
(01/07)
(01/05)
(08/15)
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ここしばらくの更新頻度が物凄いことになってますね(汗

仕事時間自体は大したことないはずなのだけど、これまでに積もり積もったいろんな疲労が噴出しまくってる気がする。
一週間くらい温泉旅行に行きたいわw

 
さてIIDXの進歩状況はあんまり芳しくないこともあり、今回の話題は珍しく映画について書いてみようかと。


というのも、先日同僚と『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を見てきたんですよ。
言わずと知れた、かの有名アニメ『宇宙戦艦ヤマト』の実写版(?)。

実写なんて微妙でしょ~、と高をくくっていたのですが、存外に楽しめてしまったのですわ、これが。

 
あ、かといって万人に勧められるか、というと疑問符はあります。
ここで、何故楽しめたかを少し考えてみる。

 
ちょいとネタバレも含むかもしんないので、ここから先は続きで。


結論から言うと、そこそこ楽しめた最大の理由は、
私が原作を詳細に知らなかったから。
これに尽きると思ってます。


知らないから、古代くんがいきなり民間で石拾ってたり、佐渡せんせーが女になってたり、森雪が戦闘機乗ってたり、ガミラス星人が人間じゃなかったりしても、それなりに受け入れることができた、と。

……ここまで書いてて、熱烈な原作ファンはこの設定を受け入れることができてんのだろーか、と不安になったり。

 
余談ですが、予備知識満載で今年の初めに見た『Fate UBW』の感想記事はこちら
色々知りすぎてると、それなりに再現を頑張ってくれてても、やっぱりどっかで不安が出てしまう。


で、今回のヤマトみたいに設定をいじくりまわしていると、どうなんだろうなぁ。
原作設定を知らなければ、こんなもんかー、と受け入れられても、知ってる人からすれば『こんなのヤマトじゃない!』となるのではなかろうか。

まぁ、初めっから別物として見られれば問題ないけど。

どっかのサイトで書いてあったけど、大の大人がみんなして壮大な『ヤマトごっこ』をしているのだ、と見ると結構楽しいかもしれない。
自分も結構単純なので、その場のノリで楽しめたし。

これから見に行く人の参考になれば幸いっす。

 



余談ですが、やっぱりキムタクはキムタクでした。
良くも悪くも存在感がありすぎ。
この映画に古代くんなんていなかったんや!!ww
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]